ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.06.01 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.06.01 Monday

カンパチ好調

なんだかんだと時間が無く、総括編にて最近の状況を報告します。

3月の後半にて、ワイ君の快進撃が止まらない状況に・・・


まさかの10キロクラスで始まり、次の釣行も勢いが収まりません。

10キロクラスを、連続キャッチ。

ちなみに、ワイ君が好調な時はオイラはいつも不調なのです↓↓

そんな状況でしたが、コンスタントな直也は、7.5キロクラスを2本キャッチしたり、カンパチと思われる巨大魚がヒットするも、まさかの高切れ!



2本も獲るなんて、羨まし過ぎる。

オイラなんか、やっと釣れてもガシラ。

実は、ええ魚を掛けたんですが、根に入られてさよならプッチン。

そんなこんなで、周りは好調なのにオイラは絶不調な釣行が続くのですが・・・

奇跡が起きちゃうのね〜。

その正体は?


まさかのカンパチでした。

タックル
ロングフォールジャーカーの6oz
オシアジガーの2000HG(初期型)
PE1.5号+リーダー10号
フレック380g
パイクの2/0

ついに、10年振りにマイレコードを更新です。
この魚を獲れたのは、東村船長、ディーパーズファクトリーの皆様、講習回を開催頂いているスクラップ様のおかげです。感謝・感謝です。

まだまだ、忘れ物が室戸に残ってるので、更なるレコード更新を目指して頑張るぜよ〜
2015.02.14 Saturday

初のフィッシングショー

お久しぶりでございます。
暫く手抜きにて、更新してませんでした。

さてさて、突然ではありますが、先日開催された大阪フィッシングショーに行って来たのでご報告を。

同行者は、何時も一緒の大鱗船長の直也です。

会場は、思ってた以上に人が多くてびっくり。

人混みの中、ディーパーズファクトリーさんのブースを探しつつ、遂に東村船長を発見。

とりあえず、記念撮影。



東村船長のトークショーでは、大型魚のやりとりのテクニック等、深〜い話を聴かせて頂き有難う御座いました。

そんでもって、カタログを頂くと、なんとオイラと直也の写真が載ってますやん??

まさかの釣れちょったアコウの写真が・・・



フィッシングショー、来年も行くぜよ〜
2014.05.31 Saturday

翔生丸釣行

前から気になっていた室戸の翔生丸さんに
ついに初乗船することが出来ました。

昔の室戸の遊漁船の船長って
口数少なく、黙ったまま。ってイメージを
勝手に持っていましたが、
翔生丸船長は、可愛いおっちゃん、って感じで
ビックリしました。

今回は、急な計画ではありましたが、
どうにか人数も集まり、6人での出船です。

メンバーは、翔生丸さんに何度か乗っている
トム、トムの友達、室戸デビューのカゲちゃん、G田君
そして、アラキ君とオイラです。

朝一は、青物メインで狙ってみるとの事。
ポイントに到着し、実釣開始です。

すると、1流し目からまさかのトリプルヒット!!!

トム、カゲちゃん、アラキ君にヒットですが
カゲちゃん、魚に走られ残念ながらブレイク。

 
上がって来たのは、まさかの大ニベ。


アラキ君はメジロ。

ちなみに、オイラはアタリなし。

切られたカゲちゃんは、フレックだったとのこと。
再度フレックを落としたカゲちゃんは・・・


ヒット連発し、マダイをゲットです。

この辺から、上潮が更に速くなり
3回くらいで着底感がなくなります。

そんな状況下、トムにヒット。

今回は、メジロ。
大ニベだったら良かったのに・・・。と思いつつ
次回のヒットは、G田君。
『魚?エビ?魚?何?』
さて、その正体は

ハガツオちゃんでした。
ちなみに、オイラは未だアタリなし。

上潮がぶっ飛びで、みんなジグをロストしていき
オイラはSPY5の700gを投入。

やっと、魚が当ってくれましたが、

ムイムイちゃんでした。

この後、更に上潮ぶっ飛びで
ジグのロストが続き、心がポキポキに折れてしまい
船長が『緩い所行こか?』って言うてくれた時は
泣きそうになりましたわ。

けど、移動しても潮ユルユルで魚の気配すらなく
時間だけが過ぎて行きます。

帰港時間直前に、『キジハタポイント』をやってみることに。
1流し目は、アタリなし。
2流し目は、G田君にヒット。

えっ、まさかのキジハタ?と思いつつ
上がって来たのは、カスザメ


見た目は、エイリアンっぽい感じでした。

この魚で、終了となり
非常に厳しい釣行となりましたが、
室戸に忘れ物いっぱいあるので
近々リベンジしに行きます。

今年こそ、カンパチ・マハタのレコード更新するのだ!

2014.05.31 Saturday

DEEPLINER釣行(赤ムッちゃん)

 今年のGWは、飛び石連休のため
勤務先のカレンダーは、なんと11連休。

去年は同時期にDEEPLINERさんにて室戸近海&中深海に行きましたが
近海ではアタリなし、赤ムツ2匹、鬼1匹
アコウ狙いは潮ぶっ飛びで半泣きで回収しただけ・・・
という悲惨な結果に終わってしまいました。
全体釣果の8割は東村船長、という貧果のリベンジを果たすべく
今年のGWもDEEPLINERさんにお世話になって来ました。

今回、我々のメンバーは
直也、初DEEP乗船のトム、オイラの3人。
人数少ないので、東さんにお願いして乗合を募集してもらいました。

いつもなら集合時間チョイ前には
集合場所にてワイワイと言いながら
タックル準備を進めるのですが、
なんと、チーム森田の岡田さんと劉さんが登場!

岡田さんと言えば、『プッチン大王』と称される
大物ハンターです。

ジグの選択やセッティングをチラチラと見ながら
自分の選択とどう違うのか比較しながら
釣りが出来るので、非常に楽しみ。

東さんも到着し、朝一は室戸近海、
状況を見て中深海の釣行プランで出船です。

潮は2ノットくらい流れてますが、
比較的素直に流れてます。

1流し目・2流し目・・・・・異常なし!
ジグサイズ変更、種類も変えるが、異常なし!

数回流してもジグへの反応薄いため、
東さんの的確な状況判断により、
赤ムツ狙いに変更!!!

ポイントに到着早々、直也にファーストヒット!
離れていたので、写真撮れませんでしたが
まさかの、コアラ!

地元の伊島沖でもコアラを釣ったとの事なので、
2連続コアラ達成!

オイラは、VIB300gで白ムツ・・・。
美味しいらしいけど・・・・。

オイラも続けと、VIB350gに変更し動きを大きめにアピールしてみると、
ゴツゴツッと来ちゃいました。

まあまあのサイズの赤ムッちゃんでした。

落とす度に赤ムツ、黒ムツ、白ムツが
当ってくれます。

直也も良いサイズの赤ムッちゃんをゲット。

チーム森田の岡田さん、赤ムツは未だ釣ったこと無い、
とおっしゃってましたが、
開始早々、赤ムツ初ゲットしてました。
写真、撮っといたら良かった・・・。

終盤は、劉さんのマル秘ジャークが炸裂。
CXを積極的に飛ばして、赤ムツを連発してました。

東さんは、プロトのロジカル&スピンドルの組み合わせで
釣るわ釣るわで、気が付けば赤ムツのお祭り状態・・・

とりあえず、去年よりはサイズ・数、ともに釣果は伸びました。

我々のメンバーは仲良く8匹ずつにて
赤ムツ狙いは終了。

潮も緩そうなので、東さんにお願いして
アコウ狙いもさせてもらいました。

投入、回収に時間が掛るので
1流しの1チャンスのみです。

去年は、意味分からずにジグを落として
意味分からずに誘ってみたりしてましたが、
今年は、着底感も明確に分かる潮なので
期待も高まります。

SPY5の800gを着底後、ステップで誘いますが
800gが重すぎて、重すぎて・・・・。

何度か底取りをやり直して、ステップで誘うと
落ちて行かない・・・ってことは、『カケアガリ?』と思い
再度、底取りをやってみます。

ステップ⇒落ちない⇒底取り⇒ステップ落ちない
を何度か繰り返し、『カケアガリ』を攻めている気分。

しかし、残念な事に、魚のアタリを感じることも無く
東さんから終了の連絡あり。

800gのジグを、ヨイショヨイショと回収しますが
やっぱり800gは重たいです。

何分間巻き続けたか分かりませんが、
やっとリーダーが入り、ジグを上げるので
水面を見ていると、ゴミがジグに付いてるし・・・。
『ほら重いわっ』って、思いつつジグを回収しようとすると、
『赤いゴミ?赤い魚????』
つつつつついに、やっちゃいました!
釣れちょった釣法による『アコウダイ』

フロントに掛ってるのに、気付かないなんて・・・。
去年から大して進歩してない事がバレちゃった。


しかも、リールは、おNEWのリミテッド3000HG
ちなみに、ハンドルは4000番の物を移植。

こんな感じで、劇的なドラマにて終了となりました。


結局、全員で赤ムツ50匹以上釣れたかな・・・。
全部、写真に入ってませんが。

今回の釣行は、メモリアルな事が多かったです。
.繊璽狄硬弔離瓮鵐弌射佑汎荏ソ侏茲浸
岡田さん、いっぱい教えてくれる優しい人
F阿が大きいジグの方が、良いサイズの赤ムツが反応する
 い修靴董⊃誉現蕕離▲灰Ε瀬い鬟殴奪by釣れちょった

次回こそは、『来ました!』と言って回収したいものです。

2014.05.25 Sunday

夏丸釣行

普段は、近場の伊島や、室戸に行くのですが、
ちょっと気分転換に足摺岬に行って来ました。

船は、初乗船となる夏丸さん。

状況は、潮ぶっ飛びで、キハダの情報なし。
ハガツオは、どうにか確保できそうな感じ。

4時頃、港に集合し足摺岬に出発です。
風はソヨソヨで、曇り気味でちょいウネリあり。

肝心の潮は、グチャグチャ。

という事で、1流し目からマニアシリーズを投入です。
SPYの600gを試しに落としてみると
ラインが、あっちこっちに流されていきます。

着低後、ビラビラで誘ってみると
早々にハガツオが当って来ます。

乗合で来られているお客さんも、みんな釣れて一安心。

SPY、SPY5、VIBを使いましたが
ハガツオは癒してくれます。





全体の釣果は

こんな感じ。

写真は、カメラを持っていたのですが
写真撮影のタイミングを逃してしまい、
船長のFBから写真を拝借しました。

足摺でカンパチ・マハタ釣りたかったなぁ・・・。
けど、美味しいお土産をゲット出来たのでOKっす。

2014.05.25 Sunday

DEEPLINER講習会(3月編)

昨年末から今年の年始にかけて、正月セールで安く買えるショップを探していたら、
坂出市にあるスクラップにて、DEEPLINER講習会という文字が・・・。

これは行くしかない!と思いイチゴちゃん、直也、オイラの3人で申し込みました。

釣行当日は、天気が良くはなさそうですが、出れそうな感じ。
集合時間の30分前に港に着くと、既にタックルの準備をしている参加者を発見。

『おはようございます!今日は宜しくお願いします!』と挨拶を交わし
オイラ達もタックルの準備を開始しました。
DEEPLINERさんで乗合されるお客さんは、みんな感じが良い人ばかり!
乗合に参加したり、依頼する機会が多いオイラですが、
いつも気持ち良く釣りが出来ます。
これも、東さんのおかげですね。

さてさて、講習会ですが朝一からキンメ狙いとの事。
タックルの準備も終わり、いざポイントまで移動です。

1流し目からパタパタとアタリがあり、参加者の皆様は
キンメを釣り上げていきます。

また、講習会と言う事もあり、お客さんの横で
東さんはステップジャークのレクチャーもあり。

次は、『オイラの番や!何質問しようかなぁ?』と考えていると
東さん『リール何使いよん?』
オイラ『ジガーの4000LDっす』
オイラ『DVD観ました。』
オイラ『ロッドやリールの持ち方やってみると、楽ですわ』
東さん『楽やろ〜』
で、オイラへのレクチャー終了。

ちなみに、当日はカメラを忘れたので
スクラップさんのFBや、DEEPLINERのHPから写真を拝借しました。







こんな感じのキンメが仲良く3枚ずつ釣れました。

キンメの喰いがシブくなってくると、今度はクロムツ狙いに
ポイント移動です。

ここでも、仲良く3人とも3kgサイズの
クロムツをゲットです。




オイラのが一番大きかったのに・・・(微々たる差ですが)。
写真はありません。

アシスト切られたのが非常にもったいない。
クロムツメインなら、ワイヤー入りが良いのかもね。

みんなクロムツもゲットして、帰港しましたが
港に戻っても、狙い方や、タックルの考え方を
細かくご教示頂きました。
流石、講習会!(講習会に限らず、いつも丁寧に教えてくれます)

いつもなら、片づけ後の反省会をやって帰りますが
更に、居酒屋で講習会の残業サービスまであり。

ファイヤーラインのノット、リーダーのジグへのノット等
いっぱい教えてもらいました。

近いうちに、ノット対決してみます。
ほんま、ええ勉強になりましたわ。


2013.12.30 Monday

2013年ファイナル釣行 足摺中止で伊島に変更

 12月中旬から週末毎に、寒気が入り
風ピューピューで中止が続きました。

今年最後の釣行に、足摺での釣行を予定していましたが
今回も風のため中止。

けど、天気予報では伊島ならギリ行けそうな感じだったので
足摺に同行予定だった直也に連絡して、急遽伊島釣行に変更しました。

メンバーは、イチゴちゃん、隊長、トム、オイラの4名です。

早朝、家を出ると、まさかの雪。
外気温度は1度。
激寒の中、港に集合しての出船です。

朝一は下り潮狙いで、いつもの場所でサワラ狙いですが
激寒+風ピュー+水温低下で、魚のアタリ全くなし。

その後ポイント移動するも、アジが邪魔しに掛って来るくらいで
青物、底物のアタリなしで、厳しい状況は変わりません。

そこで直也の判断にて、ちょいと遠いポイントまで移動することに。

風は更に強くなり、トムはノックアウトに!
残された3人で攻めてみると、中層まで狙っていたオイラにヒットです。

オイラのヒットで、まんぼうジャークに切り替えた隊長もヒットして
ダブルヒット状態に!


ズルズルのドラグで時間掛りましたが、6kgのハマチをゲット。


隊長は2.5kgのサワラをゲット。

次の流しでも、隊長が同サイズのサワラを1本追加。

風波が強くなってきて、そろそろ限界かなと思っていると
今年の締めくくりはやはりこの人でした。

イチゴちゃんも6kgのハマチをゲット。

ハマチのコンディション良く、肥えてました。

今年最後の釣行になりましたが、
とりあえず魚の顔を見ることが出来たので、良しとしましょう。

最後に、今年はメモリアルな魚を捕ることが出来ませんでしたが
土佐湾、鳴門と今まで行った事がなかったエリアでの
釣りも出来て、そこそこ満足出来ましたが、数とサイズがイマイチ。
来年は、魚の反応に合わせたセッティングを探して
今年の2倍〜3倍の釣果を出せれるようにがんばりまーす。

では、今年最後のUPになりますが
来年も宜しくお願いします。

2013.12.22 Sunday

DVD入手

DEEPLINER東村船長主演DVDが発売されました。
スローピッチジャークノススメ、何度観ても勉強になります。
これを観れば、きっとオイラも・・・。 



けど、釣行予定になると風が吹いて中止ばかり。
ストレスが溜まるばかりですわ。トホホ・・・

2013.12.11 Wednesday

伊島&鳴門釣行 12月編

 気が付けば、もう12月。
今年は、メモリアルな魚を釣ってません。
このままでは年越し出来ません!という事で
いつもお世話になっている大鱗に遊びに行って来ました。

風が強かったですが、本命のサワラ4kgを
どうにかゲットしました。

他には、ツバス、メジロもキャッチしましたが
メモリアルな魚は・・・・。

そして、翌日は鳴門での連続釣行です。
前回お世話になった原内号にて出船して来ました。

ポイントに到着すると、相変わらずの船団。
けど、あんまり釣れている気配がない。
開始して、暫く経った頃
終にトムがヒットです。

トムが苦手としていたサワラちゃんをゲットです。
今まで、リーダーやアシストを切られまくりで
苦手意識があったみたいですが
船中のファーストヒットを持っていかれました。

なんとなく、状況が良くなって来たのか
サワラのアタリがありますが、キャッチに繋がりません。
オイラは切られまくり、カゲちゃんは噛まれまくりで
竿は曲がらないまま。

そんな中、原内船長にヒットです。
前回のメジロより大きそうな感じ。

ええサイズのメジロ(6〜7kg)をキャッチです。

オイラも釣りたいのですが、サワラに切られるだけ・・・。
へこんでいると、次はトムがヒットです。

原内船長と同サイズのメジロをキャッチ。
参りました!

結局、ジギングでオイラはボーズ。
まさかのボーズ。
釣れてる鳴門でのボーズ。
へこみまくりっす。

帰りに、原内船長のお気遣いで
エギング&ティップランをすることに。

イカは調子良くアタリがあり、胴長25cm位の
アオリを3杯とモンゴを1杯釣って終了となりました。

ちなみに、カゲちゃんもモンゴを2杯釣ってたので
ジギング負け組は、お土産はイカのみです。

悔しい釣行となりましたが、
ワイワイ楽しかったです。

原内船長、次回こそは10kg狙いますので
誘って下さいね!

2013.11.30 Saturday

鳴門釣行 11月編

 11月に入って、鳴門が賑わっているとの情報を入手!
例年だと、伊島で釣れる時期ですが、去年くらいから鳴門に魚が引越したのか
今年も伊島周辺で爆発しません。

魚の居場所を調査すべく、鳴門に行って来ました。
けど、鳴門での釣行経験は超素人並みなので、
どんなポイント?潮は?水深は?も分からず、
とりあえず伊島タックルを握りしめて出船です。

今回の船は、原内船長所有のプレジャーボート。
他の乗船者は、トムこと上田君、川口隊長、そしてオイラの4名です。

港を出て、ポイント周辺に着くとプレジャーボートやら遊漁船の集団が
固まっているので、どこら辺で釣れるのかは明確に分かります。

朝一の流しでは、早速原内船長がヒットし
鳴門の情報通りでした。

原内船長 SPY250gにてメジロをキャッチ

次の流しでは、トムがヒットするもアシストを切られ
サワラの存在も確認。

流す筋を色々変えて行くと
ポツポツと魚が当って来ます。

トムが原内船長と同サイズのメジロをキャッチした後、
サワラにリーダーを切られたり、オイラはツバスを釣ったり。

さて、肝心のサワラと言うと
SPYのビラビラに喰って来ました。

3kgサイズですが、体高もあって美味しそう。

これまで沈黙していた川口隊長は
遊漁船の目の前でまんぼうジャークにてサワラゲット。


次の流しでも、川口隊長がまんぼうジャークでヒットしますが
悲しくもフックアウト。

という事は、次の流しでオイラもまんぼうジャークすると


まんぼうジャーク、鳴門でも有効でした。

原内船長とトムもサワラのバイト有りますが
リーダー切れ、アシスト切れがあり、サワラの数が伸びません。

潮が緩くなってきたので、太刀魚狙いに変更です。
川口隊長、SPY5のロングフォールでまさかの連発。




原内船長は、テンヤにてグッドサイズをキャッチ。

オイラと川口隊長がダブルヒットしたので上げて行くと
川口隊長のラインと絡んでしまったので、解いていると
川口隊長がヒットさせた太刀魚が悲惨な状態に・・・。


尻尾を食べられた太刀魚は見た事はありますが
2/3以上食べられた太刀魚は初めて見ます。
海底では、恐ろしい食物連鎖の状態であることが確認出来ます。

時間が来たので、オイラの太刀魚にて終了です。


太刀魚狙いで太刀魚を釣る、ってオイラには初体験でしたが
それなりに釣れてご満悦!

原内船長、また釣れて行ってね!


Powered by
30days Album
PR